タオルの教科書

ご友人や会社の上司に新しい家族が増えたら、優しい肌触りのタオルを贈ると喜ばれること間違いなしです。

でもどのようなタオルを選んだら良いのでしょうか。
オーガニックが安全そう?ふわふわのタオル?
はたして本当にそうなのでしょうか。

この記事では選び方のポイント、贈るタイミング、相場、人気のブランドを徹底解剖します!ぜひご参考ください。

この記事の目次

  1. 出産祝いだからこそ気を付けたいタオルの選び方
  2. 贈るタイミングが意外と大事
  3. ギフトタオルの平均相場
  4. 出産祝いに喜ばれるタオルのブランド

1.出産祝いだからこそ気を付けたいタオルの選び方

オーガニックや甘撚りなタオルはNG

生まれて間もない赤ちゃんは、お母さんのお腹の中でずっと羊水などに守られていたため、生まれたら乾燥にさらされて肌がポロポロとむける現象があります。そのためデリケートな肌を守るために、お母さんも毎日丁寧に肌をケアしてあげています。

だからこそ出産祝いにプレゼントするタオルを選ぶときは、品質にこだわりたいものです。
ただここで気を付けたい点は、産まれたばかりの赤ちゃんにとって本当に安全なタオルはどういう素材かを知ることです。

「ふわふわ」を売りにしているパイルが甘撚り(あまより)なタオルは肌に優しく包むイメージがありますが、一方で毛羽立ちが多い特徴がある商品が多いです。肌を守るには良いかもしれませんが、赤ちゃんの口や鼻に入る可能性があるので、安易に「ふわふわ」なタオルを選ばないようにしましょう。

また、オーガニックコットンのタオルを推奨しているサイトやお店をよく見かけますが、オーガニック食品のように体に直接的な影響を与えるのとは違い、オーガニックの綿を使ったタオルが直接的に肌に優しいことや寄与することはありません。逆に100%オーガニックコットンであれば肌のトラブルを起こす可能性もありますし、含有量が少なければ、もはやオーガニックコットン製のタオルを選ぶ理由もありません。

詳細については過去の記事「オーガニックコットンは本当に肌に優しいの?」をご参照ください。

そこで出産祝いにおすすめのタオルは・・・

  • 肌触り
  • 吸水性
  • 速乾性
  • 軽量

がポイントになります。
軽くて通気性があるタオルは洗濯しても乾きが早く、出産したばかりの忙しいお母さんにも優しいです。
現在は技術も進み、優良な品質のタオルが多いので、各メーカーや商品のサイトを確認して選ぶと良いでしょう。

また、赤ちゃんは数ヶ月経てば外出も可能になります。
暑い時期と重なることもあるので、大きなサイズだけではなく持ち歩けるようなサイズを贈ってあげると喜ばれるでしょう。

2.贈るタイミングが大事

出産後の状況を確認すること

出産祝いを贈るには、一般的には生後7日~1か月程度が良いと言われています。しかしちょっと待ってください。

出産を終えたお母さんは、その瞬間から新たな人生のスタートが始まります。
お腹で育った赤ちゃんと対面し、これ以上にない感動を実感するのと同時に、あっという間に出生届や健康保険の現実的な手続きと生活が待っています。

家庭のことも今まで通り両立しながら、ミルクをあげて、オムツを交換し、泣いている間は抱っこして・・・なかなか落ち着いて皆さんに報告する時間もありません。

また、時には出産後の体調が優れずに入院が長引いたりするケースもあります。

このようにそれぞれの状況が異なりますので、「出産の報告」・「母子の健康状態」・「退院する時期」などをしっかり確認したうえで贈ると良いでしょう。

3.ギフトタオルの平均相場

平均予算は5,000円前後

最近ではタオルに関することや出産祝いに贈る商品など様々なアンケートが実施されていますが、出産祝いのギフトについては平均予算はおおよそ5,000円程度となっているようです。
ただ、金額の分布を見てみると3,000円~10,000円となっていることもあることから、一人で贈る人と友人同士でひとつのプレゼントをするケースがあるように思えます。

5,000円前後のタオルであれば選択肢も増えますし、大きさ違いのセットで贈るのも良いかもしれませんね。

最近ではタオルケーキや、かわいいキャラクターの商品もありますが、やはり好みが分かれますし、使って貰うことが目的であることを考えると、安全性などの品質や肌ざわりを第一に、シンプルなカラーのものを贈ると喜ばれるように思えます。

4.出産祝いに喜ばれるタオルのブランド

タオルマニアが推薦する「ここを選べば間違いない!TOP3」

第3位 ホットマン(Hotman)

明治元年に東京の青梅で創業された老舗メーカーです。
絹織物製造業として150年もの間、高度な技術が受け継がれ現在のタオル製造に繋がっています。

ホットマンと言えば「一秒タオル」です。
「1秒タオル」とは、1cm角のタオルを水に浮かべた時に、1秒以内に沈み始める、非常に高い吸水性をもったタオルのことで今ではホットマンの代表作となっています。

また、ホットマンはタオルはもちろんのこと、タオルケットも人気があります。タオルマニアである私もこれまで多くの方にホットマンのタオルケットを贈りましたが、その喜ばれた理由のひとつにネーム刺繍があります。
今では当たり前となったネーム刺繍ですが、ホットマンはどこよりも早く導入していたと記憶しています。

第2位 今治タオル

もはや説明するまでも無くなるほどに有名になった今治タオル。
しかし勘違いされる方が多いのですが今治タオルはメーカーではありません。

タオルの聖地である愛媛県今治市にある「今治タオル工業組合」の組合員企業が製造した「今治タオル」(地域団体商標「今治タオル」)商品のうち、組合が独自に定めた厳しい品質基準に合格したタオル商品のみに付す商標のことです。
よって品質に定評があるのも納得できます。

これらから今治市にある200近くのメーカーが製造した無数のタオルがあるのでどれも違うタオルになります。ぜひお手にとって確認されることをオススメします。
また、今治市で作ったというだけで品質基準を通さない「今治産タオル」もありますので注意が必要です。

第1位 UCHINO(内野株式会社)

今治タオルを販売するタオルマニアとしても、UCHINOのタオルを1位に推薦してしまいます。それほどに質の高いタオルです。

ショップに行くと素材別(綿別)でタオルが売られていますので、選びやすいですし、手に取るとその品質に驚愕します。

高級綿のタオルはお値段もビックリしますが、タオルを消耗品と思わせないぐらい長期間にわたり品質を維持しますので喜ばれること間違いなしです。
出産祝いを選びに行ったつもりが、ついつい自身のタオルも購入してしまうのではないでしょうか。

どのメーカーも自社のタオルに関してはこだわりはあると思いますが、UCHINOのタオルにかける想いはそのままタオルの品質に表れていると言っても過言ではありません。

コメントは利用できません。