タオルの教科書

タオルを洗濯しても匂いが取れなかったり、洗ったばかりなのに水を吸わないなど、皆さん同じような悩みを持たれている方が多いようです。
今回は意外と知られていない、タオルのプロならではの洗濯方法として「5つのポイント」をご紹介させていただきます。
これさえすれば、清潔でふわふわなタオルを長持ちさせることができますので、ぜひご参考ください。

1. 柔軟剤を使わない
2. たっぷりの水でタオルだけ洗う
3. 使ったらすぐに洗濯する
4. 干すときには、タオルを振ってパイルを立たせてあげる
5. 直射日光やタンブラー乾燥は避けて陰干しする

柔軟剤を使ってはダメなの!?
直射日光がなぜダメなの!?
皆さんが勘違いしやすいタオルの洗濯方法についてポイントをまとめてみました。意外と知らないコツも書いてありますのでぜひ最後までお読みください。

・柔軟剤を使わない
タオルにとって何が一番大切か?と言えば吸水性です。
特に今治タオルは、柔軟剤を使わなくても風合いが良くて水を吸ってくれるということをセールスポイントにしていますが、それにも関わらず水を弾いてしまうというトラブルが発生することがあります。
この原因として「柔軟剤を過剰に使用している」ということが挙げられます。
柔軟剤は家庭洗濯でも使われますが、一般衣料品の最後の仕上げ工程で風合いを高めるために使われることがあります。
コンビニで売っているタオルですぐに使おうとしても、風合いは良いが水を吸ってくれないという商品はこれに該当している可能性があります。
柔軟剤は「界面活性剤」を主成分とする薬剤で、繊維を柔軟にするのにあわせて繊維に強固に付着する特徴があります。
そのため洗濯するときに柔軟剤を多量に使用するとその界面活性剤の構造上からタオルの綿がコーティングされてしまい、水を弾くことがあるので注意が必要です。
何度も繰り返し洗濯をしてタオルの肌触りが悪くなったら、ごく少量だけ使用することが吸水性を保てて長持ちさせることができるひとつのコツです。

・たっぷりの水でタオルだけ洗う
タオルに限らずですが、洗濯の基本として、洗濯物が水の中でゆったりと大きく動くほどによく汚れが落ちることを覚えておいてください。
水がもったいないからと、なんでもギュウギュウに詰め込んで洗濯されるケースを見ますが、 これをやると汚れが落ちないだけではなく衣類やタオルが擦れてしまい、傷むのが早いです。
また、ファスナーやマジックテープ、スパンコールや金具がついている洋服や下着を一緒に洗濯することでタオルのパイルが引っぱられてしまいます。
あなたの家のタオルがパイルが飛び出したりしているのは、それらが原因の可能性が高いです。

・使ったらすぐに洗濯する
これはタオルを使っていれば多くの人が身に覚えがあると思いますが、使ったタオルを「さて、どうしよう・・」と思い、あとでまとめて洗濯すればいいやと洗濯機に入れてしまう人、とりあえず乾かしておこうとイスにひっかけてしまう人など様々いらっしゃると思います。
どうしても時間が無ければ、風通しの良いところに干すことが望ましいですが、ベストはすぐに洗濯することです。これにより臭いや細菌の発生、色移りを防ぐことができます。

・干すときには、タオルを振ってパイルを立たせてあげる
洗濯が終わり、さて干そう・・と、その前に!!
干すときにはタオルの端と端をもってパタパタと20回前後振ってください。これで洗濯によって寝ていたパイルが立ち上がり、空気も通りやすくなります。
空気が通りやすくなるということは乾くのも早くなるので衛生面でもプラスです。また何よりもパイルが立ち上がると乾いたときにはふわふわの状態に戻ります。

・直射日光やタンブラー乾燥は避けて陰干しする
今日は天気が良いからギラギラ太陽の下で思いっきり乾かそう!!
というのは実はタオルがかわいそうなんです。急激な日光は人間と同様にタオルの素材にも大きなダメージを与えます。生地は固くなり長持ちしません。
タオルを長く使うためには、風通しの良い場所でしっかりと陰干ししてください。
また、最近ではすっかり定着したドラム式洗濯機ですが、クッションとなる水も何もないドラムの中で回転させることで中で叩かれたり擦れたりするために、ふわふわにはなるものの、パイル抜けや温風によって縮んでしまうケースもあるようです。
やはり可能な限り自然の風で乾かすのが理想ですね。

これら5つの中で意外と認識間違いしていた内容もあったのではないでしょうか。
せっかくの巡り合わせで使用しているタオルですから、出来る限り長持ちさせるように洗濯していただければタオルも喜んでくれると思います。

※投稿内容の一部は今治タオルタオルソムリエ教本から引用しております

ワールドタオル公式通販サイトへのバナー
コメントは利用できません。