タオルの教科書

出産祝いや結婚内祝い、引越し祝いなどでタオルをプレゼントする場合、「ふわふわ」や「やわらかい」などの表現やイメージから商品を選ぶことがあると思いますが、ここは注意が必要です。
柔らかいタオルに共通している点として、毛羽立ちが多いことでヘタリが早く、結果的に早く固くなる=耐久性が悪いことが多いということです。
各社、努力とテストを積み重ねながら耐久性ある柔らかいタオルを開発しつづけたことで、クオリティ高い商品が出るようになってきましたが、それでもまだクリアできない点もあるようです。

しかし柔らかいだけが良いタオルでしょうか?
パイルが長さや生地の密度とのバランスもとても重要ですし、吸水性はもちろん、乾きやすさも大切です。
そして何よりも大切なポイントは、贈る相手がどのような人かを想像することだと思います。
ラグジュアリー感を得られることが好きな人か、いつもバタバタしていてサッと拭けてすぐに乾くことを望まれる人なのか。
出産祝いだからとふわふわのタオルを贈っても、毛羽立ちが多く赤ちゃんがクチに吸い込みやすいこともあります。

贈る相手の性格や生活を想像してタオルを選ぶことで、そこまで相手の人を想っていることにもなりますし、エピソードにもなって喜ばれることでしょう。

もし贈る相手がふんわり優しいタオルを望むのであれば、柔らかくても毛羽立たない当社タオルもあわせてご検討ください。

コメントは利用できません。